〜 音楽の楽しさ 〜

室長 鷲見 弘

人生は一回限りです。誰もが楽しく過ごせた方が良いと思うでしょう。
乳幼児は生理的に不満な状態 − お腹が空いている、オムツが汚れている、眠い、熱い、痛いなど − が無ければいつもご機嫌で、楽しさ一杯です。 本来は生きているだけで楽しいということを、彼らは私達に教えてくれます。
大人達はどうでしょう? 生理的に不満な状態は大抵自分で解決できます。ですがいつも楽しそうにしている人はあまり見かけません。
大人になると職場や家庭などで気を遣い、緊張していることが多くなります。そのため生きている楽しさをすっかり忘れてしまっています。
その様な時にふと耳にした音楽によって緊張がほぐれ、童心に帰ることがあります。 本当に良い音楽演奏は、生きる楽しさを思い出させてくれます。
音楽は私達にとって掛け替えの無いものです。

(平成28年発表会プログラムより)