〜 二つの感動と音楽 〜

室長 鷲見 弘

 感動には二種類あることにお気づきでしょうか?
 例えば志望校の受験に合格したとか、サッカーで日本チームが国際試合で優勝したとかいう時に、心に感動が生じます。一般的に知られているこの種の感動はすべて何等かの理由があって生じるもので、これを「条件付感動」と呼びます。 この感動は激しい場合もありますが、その条件が無くなれば消えてしまう一時的なものです。また期待していた結果が得られなかった場合は落胆することになります。従って「相対的感動」と呼ぶこともできます。何かを期待して生きている限り、私たちは感動と落胆、即ち喜怒哀楽を繰り返す人生を送ることになります。
 実はあまりはっきりとは意識されていないのですが、私たちの中に生じているこれとは別の感動があります。例えば私たちが探し物を見つけた時や、道に迷った末にやっと目的地にたどり着いた時に生じる、ホッとした安心感を伴った感動があります。これらは探し物や目的地が見つかったという条件があったので生じた感動ではなく、探し物や目的地が見つからないという心の動揺が去ったために生じるものです。長年目標に向かって努力して来たが力不足で叶わなかったかった時にも、炎が燃え尽きて静寂が訪れるが如く、この種の感動が生じる場合もあります。
 いま感動が「生じる」と表現しましたが、正確には感動が「生じる」のではなく、元々あったのに心の動揺によって気がつかなかったということです。この感動は私たちが生きているだけで常に生じているもので、これを「無条件の感動」あるいは「絶対的感動」と呼びます。
 絶対的感動と相対的感動との関係は、大海とその表面に生じた荒波、と考えると理解し易いと思います。私たちは色々なものに惹かれたりあるいは忌み嫌ったりして心がいつも波立っているために、その奥に存在する絶対的感動に気がつきません。一方、自然のままに生きている幼児や犬や猫などのペットたちはに絶対的感動の中に生きております。そのため彼らに接すると同調して私たちの中に絶対的感動が生じます。
 良い音楽演奏は私たちの中にある絶対的感動に気づかせてくれます。それは聴衆にとって新しい体験ではなく、心の故郷に戻った様な懐かしさを伴った、静かで温かい感動です。その感動によって人々の波立つ心は鎮まり、正しく生きる勇気が生じます。これこそが音楽の真価だと思います。

(平成24年発表会プログラムより)